[竹島問題 概要] 独島-竹島に関する簡単な背景
 竹島問題 概要 日本の主張[竹島問題 概要] 韓国の独島(いくつかの国がLiancourt Rocksと呼み、日本では竹島と呼ぶ)は韓国本土から215km離れている。日本本土からでは220km離れている。一番近くの陸地は韓国の鬱陵島で87kmの距離にある。独島は天気さえよければ韓国の鬱陵島からでも見ることができる。日本隱歧島の中で一番近いところからの距離は157kmである。独島は日本の隱歧島から見ることはできない。リンクをご覧ください

この島の全体面積は約187450平方メートル、西島で一番高い所は169メートルである。西島の面積は約88640平方メートルで、 東島は約73300平方メートルである。

独島の地図竹島は主に二つの島があり、この二つの島は150メートル離れており(韓国人たちは東島と西島で、日本では西島(Nishi-jima)そして東島(Higashi-jima)に呼ぶ。)それぞれは東島と西島と呼ぶ。なお西島も二つの大きい島を持つ。全体的には、約90個の島と岩礁でできた新生代火山岩で構成されているのが独島である。

竹島は東経約131゜52´緯度約37゜14´に位する。西島は緯度37゜14´31″、東経131゜51´55″そして東島は緯度 37゜14´27″、東経 131゜52´10″に位する。西島には単一な絶壁と海岸線に沿った多くの洞窟がある。

(独島イメージギャラリーを見ようとすればクリックしてください)

東島の絶壁は約10~20メートル高さである。二つの洞窟が海と噴火口で通じるようになっている。全部で37個ある島は永久陸地として認識されている。2006年、ある地理学者は4百5十万年前に形成され、急激に浸蝕されたものであると発表したことがある。左側の地図は独島と二つの主な島を取り囲んでいる岩を見せてくれる。東島のセメント繫留場。東島通路は韓国警察が島を見張る監視警戒所へ行く通路として利用している。
(大きいイメージを見ようとすればクリックしてください)

獨島=竹島

この竹島 – 独島航空写真は東島(右側)と西島だ。東島には監視警戒所、そして韓国海洋警察生活施設があってヘリコプター着陸場もある。西島には長い間独島の永久住人金成道さんと妻金信列さんが暮している。 (もっと大きい写真を見ようとすればクリックしてください)
韓国の鬱陵島で見た竹島 – 独島写真

晴れた日韓国の鬱陵島で見た独島韓国の鬱陵島で見た独島=竹島

上の写真は韓国の鬱陵島で見た独島だ。この写真は日本史家たちが言う韓国領土で独島を見られないという主張を反証する。幾多の記録たちは鬱陵島で独島が見えると敍述しているし、これは6世紀以降独島が明白な韓国地と言う点を現わす。
韓国の主張で見た記録では韓国領土は6世紀統一新羅時代そして1900年大韓帝国勅令に公式的にこの島々が今日鬱陵邑に編入されたことを見せてくれている。 (リンクをご覧ください)) 日本側17世紀記録の主張( リンクをご覧ください), そして“無主地先占では”による1905年日本の占領。 (リンクをご覧ください) 今日、韓国はこの島々を慶尚北道鬱陵邑の一部で見ているのに比べて日本は島根県、隱歧で、隱歧島の一部で見ている。
独島(竹島)の韓国である観光客今日、韓国はこの島々を慶尚北道鬱陵邑の一部で見ているのに対し、日本は島根県、隱歧郡隱歧の一部として見ている。鬱陵島からは定期ペリー船が運航されている。2003年と2004年観光客は1507人そして1597人と記録されている。地勢的な条件のため独島周辺を観光ではなく上陸する場合には特別な許可が必要である。2005年には、41000人がこの島に旅行したが2007年には100000人を越えた。その年一日当たりの独島観光訪問者は1800を越し、その数字は劇的に増加した。

右側写真に、お休みを楽しみに来た韓国である観光客たちが独島の東島にあり後には監視警戒所と燈台が背景と見える。

鬱陵島と独島行政府によれば、去年には132558人の訪問者が独島を訪問したと言う。ここには島に上陸したとか見回した人が皆含まれた。訪問者の数字は前年度 128000人より 4000人が増加された。5月には清い天気で25626人の一番多い訪問者を記録しているのに次では8月が23212を記録している。約106000人が実際に独島に足を踏んでいるし、他の人々は気候が良くなくてそのまま島周辺を回って見物する。旅客船以外に、2714人の人々がヘリコプターまたは海軍船舶や行政船に乗って訪問する。

900人が越える韓国市民たちがこの島に居住することで現われているし、一方に日本人たちは2000人が登録をしている。実際に永久居住をする人はただ二人だ。韓国政府は居住の主張をするためにこれらに補助金を支払っている。韓国通信サービス会社(SKテレコム、KTF、そしてLG テレコム)は韓国の無線電話置するために独島に這うのを置いている。

金成都さんと妻金信列氏がスティーブさんと一緒に独島(竹島 )に立っている

上左側: Dokdo-Takeshima.com ウェッブマスター、Steven J.Barberさんが唯一の独島居住者である金成道さんそして彼の妻金信列と近独島を訪問して写真を撮った。上右側: 韓国魚類たちが独島周辺に住んでいる。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックしてください。)
たとえこの島自体は居住しにくいが、周辺排他的経済水域には豊かな魚族資源と天然ガスが埋蔵されているが2006年の予想埋蔵量は知られていない。海草、鮑魚、 ナマコとハマグリと同様に多種多様な魚は、独島のまわりに棲殖します。地域の主な漁種は、イカ、タラ、 明太とタコです、 ナマコとハマグリと同様に多種多様な魚は、独島のまわりに棲殖します。海草の102の種があります、しかし、これらの大きい経済的価値を持たないです。

この地域は海鹿の最大の棲息地だったしこの動物狩りで有名だったし、明治時代末には海鹿もたくさんつかまった(1868-1912)。1950年代まで、海鹿は独島守護隊によって観測されたりした。

韓国独島海洋警備隊島には37人の韓国海洋警察が守っているし海洋水産省職員そして3人の燈台守がこの島に循環勤務をしている。過去に、何何漁夫たちが一時的にこの島に居住した。

2005年、独島では初めて結婚式が挙行されたりした。韓国である新婚夫婦は日本に対する領土抗議の意味で結婚式場をこちらで選択した。

左に、韓国海岸警備隊が独島で勤務を終えて休息を楽しんで写真を撮っている。裏手には独島居住者金成度さんと彼の妻が住む家だ。 (大きいイメージを見ようとすればクリックしてください。)

地理的位置と極めて小さな島の面積のため、独島はたまに険難な気候を見せる。時々船舶たちは強い北西風のため停泊することができない。気候は温暖で湿度が高くて海乱流に大きい影響を受ける。降雨量は年中非常に高くて(年平均–1324 mm)、雪もたくさん降る。晴れないaよく見られる。夏には南風が主に吹く。島周辺の水温は一番冷時が摂氏約10度になる。8月には摂氏約25度で高くなる。

独島リアングクルの航空写真

上イメージ: この航空写真は独島の西島前そして東島後を見せてくれている。独島周辺には数多い岩礁たちがある。この険難な気候條件だから独島に停泊することはとても難しい。 (絵をクリックしてください)
竹島問題韓国と日本は長い間複雑な文化的交流、戦争そして政治的ライバルの歴史を持っている。この島々は韓国と日本の2次世界大戦後最後の領土紛争地だ。たとえ日本外務省は連合軍司令部が独島を日本に譲与したと主張したが、対日平和条約にはこの問題が言及されなかったし、問題がまだ解決されていない。

日本の1905年“無主地先占では(terra nullius)”独島合併と日本の韓国植民地化の明確な不可分性のため、日本の独島に対する主張は韓国人たちにとって怒りを催すようにしている。( リンクをご覧ください ) 右側: 韓国市民たちが日本政府の過去侵略と植民地政策を隠して独島に対する主張をすることに対して告発して抗議をしている。

竹島紛争は今日も続いている。

この文を書く時間にも、日本-韓国の間のどんな論争より独島は熱っぽい論争の種で残っている。日本外務省は“変更することができない”立場を立て通している。日本の島根県が“竹島の日”を2005年発表した時、 ( リンクをご覧ください ) 韓国人は全国的にデモをしながら応した。あるママと息子は指を切断する極端的な姿も見せてくれたしどんな男は自害をしたりした。2006年、五人の韓国人“独島航海士”らが紛争の国際的な関心を催すために世界一周航海を始めた。この文を書く時間にも、日本-韓国の間のどんな論争より独島は熱っぽい論争の種で残っている。日本外務省は“変更することができない”立場を立て通している。日本の島根県が“竹島の日”を2005年発表した時、(リンクをご覧ください)韓国人は全国的にデモをしながら応じたし。一お母さんと息子は指を切断する極端的な姿も見せてくれたしどんな男は自害をしたりした。2006年、五人の韓国人“独島航海士”らが紛争の国際的な関心を催すために世界一周航海を始めた。また他の抗議表示で韓国人たちは日本大使館の前で人形のの首を切る演出もした。たとえ韓国と日本両側が主張するが、独島は現在韓国側が管理している。両国の主張は少なくとも何百年前にさかのぼる。重要な論争は歴史的な証拠に裏付されて両側が主張しているのに非常にさまざまな姿で反対主張がつながっている。北朝鮮は南韓側の主張を支持している。

(このsite全體日本文飜訳は韓國の慶山1大學郭九濚敎授が翻訳したのだ. 電話 82-10-3814-1559)